ニキビはスキンケアで無くせる!

ニキビはスキンケアで無くせる!そのポイントを紹介

続けることが大切

繰り返しニキビができてしまう肌は、それまでのケア方法が間違っていることや体内に原因があるケースが考えられます。そのためにきびケアを行っていくのであれば、継続していくことを意識しましょう。スキンケア商品や方法を変えて1週間程度では、しっかりとした効果が現れません。2週か3週間と続けながら少しずつお肌を変えていく取り組みが必要です。お肌のターンオーバーは正常なケースで28日周期といわれています。しかしお肌にトラブルのある方は28日周期ではなく、もっと長い周期でターンオーバーが行われています。

ですから、少なくとも1ヶ月以上はしっかりとしたにきびケアを続けることが重要です。その上で特に変化がなければケア商品を変えてみることや、クリニックを受診してみるといった方法を取り入れてみましょう。例えばケア商品を変えた時などはお肌が新しい成分に驚いてしまい、1時的にひどい肌荒れを起こすこともあります。

ここで自分には合わない商品だと判断するのではなく、よほどひどい炎症を起こすといったケースでなければ続けてみてください。お肌に合わない成分が含有されている時には強い痛みを伴うことや、前述の通り赤みやただれが引き起こされてしまいます。こういった症状がなく1時的にきびの炎症がひどくなった時などは、しばらくの間様子をみてみましょう。

欲しい成分・いらない成分

にきびケアをしていくにあたり、お肌に与えた方が良い成分と不要な成分を把握するのはとても重要なことです。まず第1に不要な成分として、オイル成分があります。オイルが含有されているものはニキビに悩んでいる方のお肌には向いていません。なぜならば、オイルは毛穴に詰まってしまうからです。

さらには不安定で敏感になっているお肌に人工的な保存料などを与えるのも避けた方が良いでしょう。アルコール成分が含有されているものは控えていきたいものです。反対に必要な成分は、まずビタミンC となります。ビタミンC はニキビによる炎症を鎮めてくれるだけでなく、跡が残らないようにメラニン色素の生成を抑制してくれます。さらに毛穴を収斂させてくれる働きを持つヒアルロン酸や保水に役立つセラミドなどは特に必要です。

また洗顔をする際にはスクラブが含まれているものは避けましょう。小さなスクラブが毛穴を傷つけてしまい、さらに症状がひどくなることがあります。ターンオーバーをしっかりと促進していくために、ビタミンA が含有されているものやお肌の再生能力を高めてくれるEGF などが含有されているものはお勧めです。

スキンケアでニキビを解消

自分の肌の状態を常日頃から把握するのは、とても難しいことです。特にトラブルが起きなければ肌の調子がよく、トラブルが起きれば肌の調子が悪いというのが一般的な認識ではないでしょうか。毎日行っているスキンケアをお肌の状態に合わせることによって、トラブルを避けることができます。特にニキビに悩んでいる方はスキンケアを入念に行い、ニキビを解消するための努力が必要になります。ニキビができてしまうお肌は不安定な状態となっていますので、スキンケアを行う中で、本当に必要な成分とそうではない成分を使い分けなければなりません。

現在のお肌の状態には不要な成分ばかりを与えていれば、お肌は負担に感じるばかりとなってしまいます。また、ニキビケアというのは続ける事がとても重要になりますので、根気強くケアを行っていかなくてはなりません。例えば2日から3日程度今までとは違ったケアを行い、変化がないからといって諦めれば再びお肌が不安定な状態に逆戻りしてしまいます。続けていくことによってターンオーバーを繰り返し、徐々に安定していきますので継続は力なりということを意識しましょう。

またにきびケアに必要な成分や不要な成分などを把握することも重要になります。極端に肌に負担をかけてしまう成分は避けましょう。可能な限り人工的な成分を避け、天然の成分でケアを続けていく方が肌トラブルが起きにくくなります。ニキビに対するケア専門に作られた商品の中でも、人工的な保存料が使われているものがあるので、こういったものは避けましょう。

関連サイト-肌潤糖
砂糖を原料としているニキビケア化粧品の通販サイトです。

スキンケアをする中で、一番注意しなくてはならないことがあります。それは洗顔を何度もしてしまうことです。ニキビの原因は顔の汚れだけではありません。洗顔を何度もしてしまうことで、本来必要である顔の水分や油分まで落としてしまい、乾燥を招き、ニキビだけでなく老化の原因にもなります。もちろん洗顔は大事ですが、ゴシゴシ洗うのではなく、充分に泡立てた洗顔料で優しく洗うことが重要です。そして洗顔後は時間をあけずにしっかりと保湿してあげましょう。