にきびケアをしていくにあたり、お肌に与えた方が良い成分と不要な成分を把握するのはとても重要なことです。まず第1に不要な成分として、オイル成分があります。オイルが含有されているものはニキビに悩んでいる方のお肌には向いていません。なぜならば、オイルは毛穴に詰まってしまうからです。

さらには不安定で敏感になっているお肌に人工的な保存料などを与えるのも避けた方が良いでしょう。アルコール成分が含有されているものは控えていきたいものです。反対に必要な成分は、まずビタミンC となります。ビタミンC はニキビによる炎症を鎮めてくれるだけでなく、跡が残らないようにメラニン色素の生成を抑制してくれます。さらに毛穴を収斂させてくれる働きを持つヒアルロン酸や保水に役立つセラミドなどは特に必要です。

また洗顔をする際にはスクラブが含まれているものは避けましょう。小さなスクラブが毛穴を傷つけてしまい、さらに症状がひどくなることがあります。ターンオーバーをしっかりと促進していくために、ビタミンA が含有されているものやお肌の再生能力を高めてくれるEGF などが含有されているものはお勧めです。